ASTRORATIOがとらえる、占星術とは

なぜ人は大昔から宇宙に思いを馳せるのでしょう。
私達はどこからやって来て、どこに行こうとしているのか。

私は何者なのか。
自分を取り巻く世界を知りたい、一体どこに向かおうとしているのか。
存在の意味を知りたいと願う、究極の問いかけです。

満天の星を見上げながら、いつの時代もこのように問いかける人は少なくなかったでしょう。
一つの命が去っても、また新しい命が生まれる。

私たちが肉体だけの存在ではなく、魂は受け継がれていくものだと心開いても、この答えは誰にも解き明かされることなく永遠に謎のまま、命は繋がれていきます。

私たちを取り巻く、世界の根源でもある宇宙。
いにしえから天空の動きは、人間の暮らしに直接的な影響を与えると信じられてきました。

天文学「Astronomy」の始まりが、天のメッセージを解読したいという意志から生まれ、観測技術を発達させてきたように、夜空に煌めく星々を眺めながら、現世での出来事を関連づけようと試みたことから占星術の歴史も始まったようです。

Astrologyという言葉には
「astro=星」「logos=学問」
星について考えるという語源があります。

その起源は古代メソポタミア文明の時代と言われ、自然科学としての天文学とは別の信念体系と区別されてきました。

天空の状態を知れば、地上での出来事を知ることができる。
「天と地は照応し合っている」

エジプト・ギザのピラミッドから発見された、錬金術の祖ヘルメス・トリスメギストスが残したとされる「エメラルドタブレット」の逸話では、

「下なるは上なるのごとし、上なるは下なるのごとし。唯一なるものの奇跡がなされた」

という意味合いの言葉が含まれていたと伝えられ、自然哲学や神秘学、占星術も含まれた、すべての根源にあるものだと言われてきました。

That which is below is like that which is above & that which is above is like that which is below to do the miracles of one only thing ※アイザックニュートンにより1680年に翻訳された「ヘルメス・トリスメギストスのエメラルド板」から抜粋

自然占星術と判断占星術

占星術はある時期より、自然(もしくは天変)占星術と、判断(もしくは宿命)占星術という2つに分けられてきました。

自然占星術においては、天体観測の中で星の動きが地上に物理的な影響を与えるという、
学者はじめ多くの人々が受け入れてきた事実があります。

例えていうなら、月の満ち欠けが潮の満ち引きや産卵に関わり、さらに木の樹液、人の体液にも影響を与え、体質や心理面も変化するといったものが挙げられるでしょう。

古代エジプトでは、東の空にシリウスが輝く季節になると、ナイル川が氾濫して大地が肥沃となるため、恒星シリウスを神格化し、女神イシスの星と崇めたように、

星の配列を知ることは、地上で生活する上で欠かせないものとなっていきました。

一方、判断占星術においては、天体の位置から個人の宿命を読み解くものとして、いつの時代も賛否両論の的となり、議論が交わされてきましたが、歴史上に名を残す偉人達がこの世に生まれるとき
「特別な恒星が輝いていた」「珍しい天体の配置が見られた」
といったエピソードは数多く残されているように、人の運命にも星の配列が関連し合っているのではないかと、先人達は興味深く考察してきたのです。

医学や心理学、化学の基と伝えられる錬金術においても、古代の哲学者はマクロコスモス(大宇宙)とミクロコスモス(人間)との関わりを紐解こうと挑戦し続けました。

やがて近年になってパーソナルコンピューターの普及に伴い、占星術ソフトやアプリの開発も進み一般化されたことで、個人の命運を読み解くホロスコープリーディング(星よみ)は身近なものとなり、世界中の人々に親しまれるようになってきました。

星の動きから自然なリズムを取り戻す

しかし現代社会がどれほどコンピューターやインターネットを中心としたネットワークの活用化が進んで情報は技術化されても、人間の体は昔から日の出とともに起き、日が沈むと眠るといったサイクルは変わらないもの。

この月の満ち欠けは体液に影響をもたらし、一般的にも知られているように生理のリズムに関わります。
ということは、お母さんのお腹の中に居る時から、新月や満月や蝕の影響を受けながら、心も身体の臓器一つ一つが作られていくこととも言えるでしょう。

体調を整えて、自然なリズムを取り戻すには、月が大きく影響しているわけですが、占星術の視点からは、幼少期の生活習慣や、母親もしくは母親に変わる人からどのように育てられたのかも、人生を作る基礎力と関係があると捉えるわけです。

さらに太陽の周りを地球も他の天体も回っているように、月だけでなく、太陽系の家族でもある惑星同士は、互いに影響し合っていると占星術では見ています。

1

2
TOP