エネルギーのベクトルを集結させて2024年度へ

    Blog

    冬至図からみた、春分までのすごしかた

    https://www.astroratio.com/wp-content/uploads/2023/03/f4.png
    Yurika

    今月の星の動きをまとめています。水星の明晰な判断、問題を見極める実行力が下地を作りますよ

    12月の天体の動き、便利な早見表ダウンロード

    日本標準時版(JST)と大西洋標準時版(PST)をダウンロードしていただけます。今月の活動にお役立てください。

    日本標準時(JST):日本版

    太平洋標準時(PST):アメリカ西海岸版

    Thanks for creating the data ♡Chizu

    今年最後の水星逆行

    12月13日に水星は今年最後の逆行に入り、新年の幕開けとほぼ同じ時期に順行に戻ります。

    何かと注意喚起されがちな水星逆行ですが、今回は山羊座の初期の度数を行って帰って、という動きをしますので、牡牛座の初期で同じく逆行中の牡牛座の木星と2回、調和的な角度を作ります。

    山羊座は元々慎重な性質を持つ星座ですので、普段よりも決断に時間がかかる感覚はありそうですが、逆行してもさほどの影響は感じられないかもしれません。

    むしろ、牡牛座のトラインと相まって、計画をじっくり練ったり、長期的なプランを立てるのにピッタリ。

    年明けから勢いよく動き出せるように、今年中に来年の計画をたくさん立てておくと、きっと実現可能なアイデアが湧いてくるでしょう。

    とはいえ、いつも通り、水星逆行中にいつもより意識してほしいことをアナウンスします。

    ・メールやLINEなどのツールを見直したり、大事なことを忘れないようにメモする

    ・公共交通機関を使う際は時間に余裕を持つ

    ・契約書などの大事な書類は複数回チェックする

    特に月のボイドタイムと重なる、

    ・13日の夕方~夜

    ・26日の夕方~夜

    には重要な決定はしないほうがベター。

    どうしてもの時は、ボイドタイムが終わってから、何か見落としがないか、今一度チェックしてくださいね。

    冬至図を読む

    12月22日に太陽は山羊座入りし、それはすなわち冬至=北半球で1年で最も昼が短い日を指します。

    北半球ではこの日を境に、太陽が姿を現す時間が増していきます。

    太陽が山羊座入りした瞬間のホロスコープを「冬至図」と呼び、春分までの流れを予想するのに役立ちます。

    日本の流れを見る時は、場所は東京に設定します。

    その条件でホロスコープを作ったとき、太陽は9ハウスに位置し、アセンダントルーラーである火星も9ハウスなので、9ハウス的な出来事が強調されるのでしょう。

    9ハウスと言えば、やはり「外国」です。

    ニュースはますます海外に関するものが増えていくことでしょう。

    好戦的な射手座の火星も同じハウス内にありますので、紛争や衝突についての話題が続きそうです。

    9ハウスには他に、「宗教」「法律」という意味もあります。

    火星と海王星のスクエアは、やや感情が過激に刺激されそうですが、山羊座でキレイにコンジャンクションした太陽・水星に、牡牛座の月&木星が調和して、魚座の土星が両者を調停しているので、多少の妥協はありつつも納得のいく解決策が導かれていきそうです。

    「出版」も象徴し、その側面で見れば、今まで水面下にあったスキャンダルが暴かれそうですが、万人が喜ぶような良作も世の中に出てきそうですね。

    国民を表す月は、1ハウスで木星に守られていますので、国民主権かつ生活に根付いた政策やサービスが提供されていきそうです。

    ここ最近は、国民感情をスルーしているような政策が目についていましたが、やっと国と国民の意思疎通が取れていくのかもしれません。

    上昇志向を高めていく射手座の新月

    今月の新月は13日に射手座で起こります。

    太陽のサビアンシンボルは「借りた眼鏡をかけている子供と犬」

    なんだかほのぼのしているシンボルですが、実は高い精神性を象徴しています。

    なぜなら、子供にも犬にも「眼鏡」なんて本来なら必要ないものだからです。

    「眼鏡」は知性を象徴するシンボル。

    多少の無理をしても、今よりももっと知的になりたい、という心情が読み取れますね。

    そんな風に、自分には一見高すぎるようなハードルに果敢に挑戦していく時。

    12ハウスで起こる新月ですので、その思いはすぐには表には出てこないかもしれませんが、どこにも誰にも宣言しなくても、あなたの中で決意を固めましょう!

    個の力より集団の力を意識していく蟹座の満月

    満月は27日に蟹座で起こります。

    月のサビアンシンボルは「列車に破壊された自動車」

    「自動車」は「個」を、「列車」は「集団」を象徴しています。

    自動車は自由度が高い乗り物ですが、よく交通渋滞が起こるように、秩序を乱す乗り物でもあります。

    対する列車は、決められたレールを、決められた時間で運行し、より多くの人の役に立ってくれる乗り物です。

    確かに自分の家の前には止まってくれませんが、自動車よりもはるかに少ないコストで長距離を移動できます。

    この時期は、集団やグループのために、自分の意見や都合が抑えつけられるような感覚になるかもしれません。。

    特に射手座の水星と火星が、魚座の海王星と衝突するため、情に悩まされたり、ローカルルールに縛られる感覚もありそうです。

    思っていることがストレートに伝わらず、コミュニケーションの不自由さを実感する人もいるでしょう。

    しかし、みんなどこかで何かを「ガマン」しながら生きていくのが、集団生活です。

    それにより集団にとっての最適解が見えてきます。

    エゴを手離して集団になじむことで得られることもきっと多いでしょう。

    Thank you   -Love&Grace-
    Written by Yurika

    スタディクラスのお知らせ

    12/21(木)は今年最後のスタディクラスです。2024年度の星の動きから、どのように自分自身をプランニングできるのか、星座別にお話していきましょう。

    どなたでも参加できますので、ご参加希望の方は下記よりチケットを購入くださいね。
    参加する

    Illustrator♡YachiYuna

    TOP