心を駆り立てる純粋な野心に耳を傾けよう、2024年の始まり

    Blog

    新年への目標を立てながら「仕事力」に着火する1月

    https://www.astroratio.com/wp-content/uploads/2023/03/f7.png
    Miray

    新年明けましておめでとうございます!冥王星が水瓶座に移動する、占星術史にも強いインパクトを与える2024年が幕開けましたね。新しい年を迎えて、大切にしたいこと、シェアしたいと思います。本年度もどうぞよろしくお願いします!

    1月の天体の動き、便利な早見表ダウンロード

    日本標準時版(JST)と大西洋標準時版(PST)をダウンロードしていただけます。今月の活動にお役立てください。

    日本標準時(JST):日本版

    太平洋標準時(PST):アメリカ西海岸版

    Thanks for creating the data ♡Chizu&Yurika

    火星が示す良質な野心を育て、春に向かって動き出そう

    1日に水星の逆行がもどり、4日には火星も山羊座へと移動します。

    山羊座に火星があると、仕事への意欲に情熱が注がれていき、牡牛座にある木星や天王星と調和しようと新しい挑戦へと夢を広げながら、相乗効果をあげようとしていくことを示すので、

    新年早々、仕事運アップの幸運の女神が微笑んでくれているようなもの。

    お正月の福袋の初売りと同じような空気感で、

    「中には一体何がはいっているんだろうか?」
    「新年そうそう、欲しかったものに出会えるかも」

    欲しいものが目の前にあざやかに浮かぶほど、どの店の福袋がよいのかリサーチしはじめるように、
    ワクワク感も抑えられなくなって動き出していくでしょう(笑)

    この感覚を覚えて、4月下旬の「好景気アスペクト」
    木星と天王星の合へと、ぜひとも方向を定めていくことはオススメです。

    クリスマスから新年に向けて、ごちそうをたくさん食べたなら、
    木星の増幅効果を、体に転化させないようにしつつ、
    エナジーを仕事や目標に向かうように「火星」というガソリンで着火させて
    エネルギーを「大地」を耕す方に向けていきましょう。

    この「大地」とは、あなたの1年の抱負に基づく、目標という種をたくさんまいた土壌です。

    火星は山羊座にあると「質の高い働き」をしてくれるので、
    あなたの意思の力によって、質の高い「動力」として使うことがきっとできるでしょう。

    自信を取り戻し、自分を褒めてあげる山羊座新月

    11日に起こる山羊座新月は
    山羊座をさろうとしている冥王星の影響を受けて起こります。

    山羊座新月

    やり残したことがないのか、より良い理想とする社会をつくるために
    とりこぼしたことがあれば、それを都合の良いメガネでみないようにしながら、
    しっかり現実をみながら対処していきましょう。

    サビアンシンボルは「リレー競走」

    チームワークができているからこそ、自分ですべて頑張らなくても
    流れを信頼することで、ちゃんと役割を果たしていくことができます。

    この辺りに太陽が通過するときは、普段からの勤勉さや勤務態度などで評価をえているため
    多少ハメを外しても、認められていく状態になりやすいでしょう。

    今までどこか、周りを気にしてばかりの自分自身がいたなら、その気持ちを解き放って関わってきたプロセスを信頼し、自分に自信をもって、堂々とやってきたスキルをみてもらいましょう。

    水瓶座の冥王星の意思を受け取り、意思決定をうながす獅子座満月

    満月の頃は、火星と水星の合の影響もあって、言葉数もふえて話も盛り気味になるとき。

    ちょっとやりすぎたかなと思うなら、静かな空間にいってお腹に意識をむけ、
    中心が定ったら、自分に問いかけてみましょう。

    獅子座満月

    お腹の底から浮かんでくる言葉に前向きなイエスを感じるなら、それを信じるといいし、
    またお腹の中がごちゃごちゃしているように思えるなら、ちょっと時間をおいて…
    お腹の底からイエスといえるシーンを待ってみましょう。

    獅子座満月のときの、太陽のサビアンシンボルは水瓶座6度「ミステリー劇の演技者」

    このサビアンシンボルをみると、私はいつも歴史のなかで謎の人物と知られている
    サンジェルマン伯爵や、シェークスピアに共通していた言われる「役者というスキル」を浮かべます。

    それは感情に身を任せて、一喜一憂するのではなく、人生のいろんなシーンを演じている自分に同化せず、私の人生を演じている役者として傍観するスキルです。

    これが山羊座新月からの流れとして現れてきたとみたとき、私たちが自分の歩んできた道や経験にとらわれすぎず、水瓶座らしく空を飛んでいる鳥が地上の人間を俯瞰しているような視点で眺めながら、感情の波に溺れないことを示してくれているようです。

    色でいえばバイオレットカラーのように、対象となるものとの間には、距離があることに気づくように、私たちが気づける客観力を養うことと受け取ることができるでしょう。

    そして月は獅子座6度「時代遅れの女と最先端の少女」
    新旧が一緒になって、不動星座である獅子座は両方を評価しようとします。

    これは冥王星が水瓶座に移動したから、もう過去はみなくていいということでもなく、
    歴史の中に流行に左右されない「いい味をだしたもの」
    そのなかで「残したいものもある」ことを伝えてくれているように思えるのですね。

    一人一人に、冥王星が水瓶座に移動する時代、あなたはそれまでにどのような基盤を作り、その経験したものから普遍的に使えるものを認め、使い続けますか?と。
    この問いかけは、11月までじっくりと向き合う必要がでてくるようですね。

    何にしろ、2月からは少しこのノリを見直すときがやってきそうです。
    だからといって、今の時期にエネルギーを体の中から出さないのはもったいない(笑)

    あなたらしい志し高く、良質な野心の育て方、体で覚えていきましょう。

    Thank you   -Love&Grace-
    Written by Miray

    スタディクラスのお知らせ

    今年からのスタディクラスは、学びと探究心がセットになっています。スタディクラスの年間パスを購入いただけると、質疑応答を含めて、星よみの現場のスキルに役立てる内容に特化した「ASTRORATIO研究会」に無料ご参加できます。詳しくは下記のページをご覧くださいね。

    基本的に第3木曜日に開催しており、1月は「アストロマップにいかす、パワーストーンの産地と色」になります。アストロマップは、旅行などの移動で使うものだけだと、楽しみも半減してしまうでしょう。良い時期を選んで、ご縁のある場所の特産物を使うことでも、ポジティブなつながりを作ることが可能です。このクラスでは、天然石の産地や色、どのようなタイミングに使うことができるかなど、いますぐできるマップ活用法の側面として、経験を交えながらお伝えしていきましょう。本年度も、みなさまのご参加をお待ちしています。

    どなたでも参加できますので、ご参加希望の方は下記の画像からチケットを購入くださいね。
    問合わせ

    Illustrator♡YachiYuna

    TOP