双子座木星から祝福のシャワー、6月の星読み

    Blog

    自分とのコミュニケーション力を高め、遊ぶ

    https://www.astroratio.com/wp-content/uploads/2023/03/f7.png
    Miray

    6月は風の星座が強調されてのスタートです。太陽が柔軟星座を移動するなか、火星と冥王星の間では緊張が走ります。状況に合わせながら 対応できるやわらか思考が求められそうですね。

    やわらかあたまで過ごしたい、双子座木星の1年

    6月の天体の主な動き

    3日 水星が双子座へ
    6日  双子座で新月
    9日   火星が牡牛座へ
    17日 金星が蟹座へ
    21日 太陽が蟹座に入り、夏至を迎える
    23日 山羊座で満月
    30日 土星が魚座で逆行へ

    先月末に木星が双子座に入り、さらに水星も入って風のエレメントが賑やかになる6月の始まり。

    水瓶座の冥王星と双子座の天体が調和的な関係となるので、明晰でポジティブな思考が自然と現れてくる時です。

    もしあなたが、心の中に描いてきた夢をこの時期に具体化させていきたいなら、時間を有効に使うことや、要領の良さを意識づけると、天体の動きと同調しやすくなります。

    たとえば、やりたいことがいっぱいあって、何から手をつけていいかわからないことで悩んでいたなら、物事の優先順位をはっきりさせていきたいと意識づけることで、時間を有効に使う意義や自分なりの実践方法が見えてきます。

    また、感情の起伏に振り回されがちで辛い思いをしていたなら、気分のクセや、滞らせていた原因に気づき、要領よく物事を運ぶために必要なことが、体感的にも受け取りやすくなるでしょう。

    このように、空を飛ぶ鳥のような高くて広い視点から、周りの景色を眺めながら今いる場所を俯瞰すると、大事なものが見えてきます。

    実にさまざまな方向に、魅力的な可能性が用意されていると気づいたとき、意識の転換が起こっていきます。

    風のエレメントに関わる木星や冥王星は、狭い視野からの変化、過去のこだわりを手放すことが、夢の実現へのステップだと働きかけてくれるのです。

    4月の天体の動き、便利な早見表ダウンロード

    日本標準時版(JST)と太平洋夏時間版(PDT)をダウンロードしていただけます。
    今月の活動にお役立てください。

    日本標準時(JST):日本版


    太平洋夏時間時(PDT):アメリカ西海岸版

    Thanks for creating the data ♡Yurika

    双子座新月は、メンタルの壁を取りはらうとき

    今月は、双子座に5つの天体が集まって、新月を迎えます。

    この新月は魚座の土星が関わり、私たちが過去に作ってきた思い込みや視野の狭さに対して、邪魔してきたものは何であるか、それを取り払うように語りかけていくようです。


    新月のサビアンシンボルは
    双子座17度 “The head of health dissolving into the head of mentality”
    「健康な頭が精神の頭に溶け込む」

    双子座の初期度数は、好奇心旺盛ないたずらっ子のような知的欲求が目立ちますが、この17度あたりまで進むと、影響を受けすぎて散漫にならないようにどうすれば良いか、知的に解決していく方法が見えてきます。

    それは泉門が開いていた赤ちゃんの時代から、言葉や癖、環境からの影響をまるでスポンジのように吸い込み反応していた幼児が、自分らしい話し方をしていくなど個性を発揮していくプロセスに似ています。

    まわりに振り回されないように、情報や変化のスピード、テンポを見極めて、自分にとって必要なものを選択して時間をうまく使っていく処理能力が求められていくわけです。

    このプロセスを経験することで、ものごとを読み解くための視点が養われるでしょう

    いわゆる頭の回転の速い人、コミュニケーション力の高い人という印象へ成長していくわけです。

    だからこそ星が示す動きを参考にしながら、散漫になりがちな状況でも、感情的になったり過去のやり方にとらわれないメンタルを養いましょう。

    双子座の影響を受けた木星は、ルーティンを快適に過ごすために、万人に向けて前向きな気持ちを促します。

    たとえば、マインドフルネスのような実践的で効果的なメディテーションを取り入れたり、効率を上げるための導きとなるルーティン音楽を自分らしく編集したり、日常に取り入れると良いでしょう。

    木星と冥王星の風のエレメントの影響を通して、自分なりの取り戻し方を楽しむことがオススメです。

    山羊座満月は、大切な役割を再見直しするとき

    太陽が蟹座へ移動した夏至の後、6月22日には山羊座で満月が起こります。

    この日の満月は、魚座の海王星とTスクエアを形成し、太陽は蟹座2度、月は山羊座2度の不動星座の初期で起こります。

    どのように日々を過ごしているのか、理想と現実のギャップを調整していくために何をきたのか、足元をみる機会となるでしょう。

    サビアンシンボルは、
    山羊座2度 “3 stained glass windows one damaged by bombardment”

    「3つのステンドグラスの窓、1つは爆撃で損傷している」

    教会の神聖な教えが表された美しいステンドグラスが、爆撃で損傷されている意味合いを持つサビアンシンボルです。

    3という数字は、三位一体、思考、感情、肉体と言ったように創造性を表す数として知られているように、リアリティのある世界で生きるための創造的を示すもの。

    この時期のトランスサタニアンである、天王星、海王星、冥王星は調和的な関係を保ち、私たちの理解を超えたところから、挑戦し続けることの夢を応援していくようです。

     「私が、わたしが」といった 強い自我への執着から離れて、 M&Aでみる譲渡のように 大きなものに飲みこまれていく感覚がやってくるとき、ちっぽけな視点から離れて、宇宙視野から今のあなたを眺めてください。 

    「本来の私」が求めているものへと心を忠実に、進んでいきましょう。

    スタディクラスのお知らせ

    基本的に第3木曜日に開催、星よみのレベルアップ、視野を広げるためのスタディクラスのご案内です。
    6/20(木)は『星座と体とのつながりがよくわかる、ミネラル(ティシュソルト)と占星術・後半』となります。

    くから伝えられて来ている、薬草、アロマを使った自然療法や、ハーネマン博士が考案したホメオパシー療法、バッチ博士が考案した花のレメディー等の基本にある概念の中に、私達はこの地球と同じもので出来ている、自然からの恩恵を最大に生かし、「地球に還る」という発想があります。

    そして、私達の身体の中に存在する必須元素の性質や特徴を見つめていくと、天体の運行と地球に生きる私達との関係を読み解く、先人が伝えてきた知恵である「占星術」と、多いに関連していることが見えてきます。

    このクラスでは、オーラソーマで取り扱っていたアリソンのティシュソルトのクラスを日本で開催した2005年ごろからの、アストロロジーとの考察をお伝えしながら、実際に20年近くティシュソルトを生活へと取り入れている宙玲の体験談を取り入れながら、色、体、星座との関わりをシェアしていきましょう。

    どなたでも参加できますので、ご参加希望の方は画像をクリックしてチケットを購入くださいね。
    前半と後半のチケットを同時購入希望の場合は、USD66→USD44となります。
    下記よりお問い合わせください。

    問合わせ

    Illustrator♡YachiYuna

    Miray

    Miray

    ASTRORATIO USAディレクター、色彩心理占星術家。オーラソーマの講師を経て、自己流だったスキルをアメリカ・ケプラーカレッジで学びなおす。Astroratio USAのはじまりは、ホロスコープリーディングのコツや色彩心理、アストロマップを取り入れたテキストを、卒業生から「生涯の宝物」といわれたことがきっかけ。15カ国アメリカ24州の旅とサロン運営には、アストロマップ歴20年以上のエッセンスがつまっている。SF在住

    TOP